• 窓廻りも気をつけたい家の雨漏り

    家の雨漏りといえば、屋根からだけと考えがちですが、それ以外の部分からも漏ることがあります。

    屋根以外からの家の雨漏りとしては、軒と外壁の交わる部分、窓廻り、換気扇などの設備廻りがあります。

    軒と壁が交わる部分は、隙間が発生しやすい場所です。

    屋根の垂木が軒先まで延び、そこへ外壁が交差するので、隙間が出やすくなります。
    特に、軒に天井を張らない場合は、交差部分が外に露出することになります。軒の出が深い場合は交差部分が隠されるので、雨が吹き込む恐れは少なくなります。
    しかし、軒の出が少ないと、雨漏りの危険が増大します。

    窓廻りも雨が漏りやすいところです。
    窓は外壁に開けられた開口部で、サッシが取り付けられるのが一般的です。

    雨漏り大阪情報サイトを利用しましょう。

    サッシと外壁の周囲には水切りが取り付けられ、シーリングなどの防水材料が施されていますが、完全な施工がされていない場合は、雨が漏りやすくなります。

    MBSニュースの情報が必要なタイミングで手に入ります。

    窓の部分も庇が取り付けられていない場合は、雨が漏りやすくなります。



    家の雨漏りがしやすい部分には、庇を設置するのが原則です。

    家の外壁には設備関係の開口部が空けられています。


    換気扇や排気のための開口、排気口、クーラーの冷媒配管のための開口部が開けられ、一応の防水措置がされています。
    設備廻りの防水は、シーリングに頼ることが多く、シーリングの劣化に伴い、雨が漏りやすくなります。
    対策は屋根や窓と同じく、庇やカバーを設けることです。


    雨漏りを防ぐには、何重もの対策が必要です。